設置などについて|おしゃれな遮光カーテンやシャンデリア選びに役立つ情報

シャンデリアを使用する際に役立つ情報を見る

設置などについて

部屋

使用する場合

洋風の住宅、もしくは部屋の照明器具としてシャンデリアが使用されることがあります。シャンデリアはデザインが凝っていることから、インテリアとしても選ばれています。そんなシャンデリアを実際に使用するという場合、取り付け工事を行う必要があります。

耐荷重を調べておく

シャンデリアですが、天井の耐荷重によって取り付けできるかどうかが決まります。耐荷重は建物の管理会社や施行会社に調べてもらうことで把握できます。耐荷重がシャンデリアの重さを耐えきれるものであれば、取り付けを行うことができます。

自分で取り付けができる

シャンデリアを使用するためには工事をする必要がありますが、引っかけシーリングが付いているシャンデリアを選ぶことで自分で取り付けることができます。ただ、シーリングはシャンデリアをぶら下げるために必要なもので、工事を行う場合には業者に取り付けてもらうことになります。

購入前にチェックしておきたい項目

電気代が気になります

キラキラしているから電気代が高そうという声がありますが、実際はそんなことはありませんよ。シャンデリアも電球によって電気代が変わってきますよ。白熱電球を8時間使用した場合はひと月およそ1,267円ぐらいになります。

狭い部屋でも使えるの?

もちろん使えますよ!シャンデリアには大きさと灯数に種類があるので、部屋の大きさに適したものを選ぶことで設置して使用することができますよ。部屋の大きさが6畳だった場合、灯数が6灯のシャンデリアがベストですね。

チェーンって調節できますか?

できますよ!S字フックを使うことで調節することもできますが、購入の際にチェーンの長さを加工してもらうこともできます。しかし、加工代を支払う必要が出てきます。加工代はショップによって異なっているので、しっかり調べておくといいでしょう。

お手入れって簡単にできるもんなんですか?

簡単にできますよ!シャンデリアの手入れ方法はとても簡単なんですよ。始めにシャンデリアの電源を切っておいて、布に薄く洗剤を付けて汚れを拭き取るだけです!ただし、お手入れするときは取り外して行うなどをして安全面に気を付けて行ってくださいね。

低価格のものがあるけどなんで?普通は高いものではないの?

リーズナブルな価格のシャンデリアがある理由ですが、使用している素材が関係しています。高級なものはスワロフスキーを使っているのですが、低価格のものはクリスタルガラスを使用しているのです。クリスタルガラスを使うことで、購入しやすくなっています。

広告募集中