役割などを知る|おしゃれな遮光カーテンやシャンデリア選びに役立つ情報

おしゃれな遮光カーテンの特徴と遮光率を知る

役割などを知る

カーテン

役割などについて

遮光カーテンですが、名前からイメージできるように光を遮る役割を持ったカーテンです。日光の眩しさを防ぐだけでなく、紫外線対策にも役立てることができます。そんな遮光カーテンには、おしゃれな遮光カーテンというものもあります。おしゃれな遮光カーテンはインテリアショップや家具店によって取扱っているものが違っています。

デメリットもある

日光の眩しさを防ぎ、紫外線対策に役立つ遮光カーテンですが、実はデメリットもあるのです。それは遮光効果のせいで起きれなくなってしまうということです。実際、遮光カーテンを使ったことで朝でも部屋が暗くて寝坊してしまったという声があります。ですが、これは遮光レベルの選び方によって防ぐことができます。

遮光レベルについて

遮光カーテンには遮光レベルがあります。遮光レベルは光を遮る効果のレベルのことで、遮光1級から3級の3種類あります。一番低いものが遮光3級になっています。一番レベルが高い1級は寝坊の心配がある人は避けたほうが良いでしょう。

知って得する遮光カーテンのあれこれ

紫外線対策以外のメリットはある?

ありますよ。紫外線対策と似たようなものになりますが、床や家具の日焼けや劣化防止に役立ちます。床や家具も日光を浴びていると日焼け、劣化を起こしてしまうので、遮光カーテンが防止に役立つのです。

普通のカーテンのように洗うことはできますか?

できますよ!ですが、洗濯を行う前に洗濯表示を確認する必要があります。表示に「洗濯機弱30」もしくは「手洗い30」があれば、水洗いすることができますよ。逆にできないものだと、「ドライ」または「ドライセキユ系」と表示があります。

遮光1級ってどんな特徴があるの?

遮光1級は遮光率が高いもので、日差しが強い部屋での使用に勧められています。遮光率が99.9%以上になっているため、人の顔や表情が全く確認できません。そのため、遮光1級のカーテンを選んだことで寝坊したという声があるのです。

遮光2級の特徴は?

遮光2級は1級と比べて遮光率が99.8%と少し低めです。少ししか変わりませんが、人の顔がなんとなく分かるレベルになっています。この特徴から、遮光カーテンを購入する際、遮光2級を選ぶという人が多いです。

遮光3級はどんな感じですか?

遮光3級は一番遮光率が低いです。遮光率は99.4%以上で99.8%未満になっていて、人の表情は把握できるけど作業するには暗いレベルになっています。日当たりがそんなに強くない場所とかだと丁度いいでしょう。

広告募集中